着物買取のおすすめ業者比較サイト

着物の買取比較.jp

振袖はどこで売るべき?買取相場や売るべき時期を徹底解説!

着物の売り方

【買取相場あり】振袖はいくらで売れる?おすすめの売却先や売るべき時期を徹底解説!

更新日:

未婚の女性の礼装、成人式でも親しまれる日本の和装「振袖」。

この記事を読んでいるあなたのタンスにも、成人式で一度着たきりの振袖が眠っているかもしれませんね。

最近では・・・

  • 親に負担をかけたくない
  • 滅多に着ないので中古で十分
  • 周りと被らない振袖が着たい

などの理由から、成人式の振袖をあえて中古で探すという若い女性が増えています。

一度袖を通したものであっても、依然として振袖のニーズは高いといえるでしょう。

もし「着なくなった振袖を賢く売りたい!」とあなたが思っているなら、まずは振袖の買取相場や、売れるポイントを理解することが大切です。

そこで今回は「振袖を売ってみたいけど、どうしたら良いか分からない!」という方に向けて、振袖の買取相場や、ベストな買取シーズン、振袖を高く買い取ってもらえる場所について詳しく解説していきます。

具体的には…

  • 振袖の買取相場は?どのくらいで売れるの?
  • 振袖が高く売れる季節はあるの?
  • 振袖を売るにはどんな方法があるの?
  • おすすめの買取業者はどこ?

上記のような疑問をお持ちの方がこの記事を読めば、振袖の買取相場や振袖を売る際に注意すべきポイントが分かり、納得できる価格で振袖を買い取ってもらえますよ。

振袖の買取相場はどれくらい?買取額に影響する3つの要素

振袖を売りたいと思ったら、最初に気になるのは買取相場ですよね。

着物の買取相場は「その着物がどれだけ売れる可能性が高いか」、つまり市場の需要の高さによって決まります。

振袖は日本人女性にとって「晴れの日の正装」として馴染み深い衣装であり、成人式や結婚式など1年を通して需要があるため、買取相場も一般的な着物に比べて高い傾向にあります。

一般的な着物 10,000円〜30,000円
振袖 10,000円〜40,000円以上

上記は一般的な着物と振袖の大まかな買取相場です。

着物買取専門業者のホームページで確認したところ、有名作家やブランド品でない一般的な着物の買取相場は、10,000円〜30,000円と紹介されていました。

振袖の状態にもよりますが、格式が高く市場の需要のある振袖は、一般の着物の相場より少し高い10,000円〜40,000円が1つの目安になるでしょう。

しかし、これらの相場はあくまで目安の1つ。

振袖の買取価格を決定するのは以下の3つの要素があります。

  • 振袖の種類
  • 振袖の状態
  • 作家ものなどのブランドの有無

前述の買取相場はあくまで目安であり、上記の3つによって買取額は変動するので、それぞれどう変わるかについて解説しますね。

 

振袖の価格は身丈で決まる?3種ごとの特徴や買取価格の違い

振袖は袖の長さによって「大振袖」「中振袖」「小振袖」と名称が変わり、買取額も変わるのをご存知でしたか?

それぞれの振袖の特徴は下記の通りです。

大振袖 ・袖丈が114cm前後

・振袖の中で一番格式が高い

・結婚式の花嫁衣装としても着用される

中振袖 ・袖丈が100cm前後

・大振袖の次に格式が高い

・成人式でも着用される

小振袖 ・袖丈が76cm前後

・カジュアルに着られる

・卒業袴として着用される

「袖を振る」という言葉の通り、振袖の特徴はなんと言っても「袖の長さ」。

格式の高さや価格も袖の長さで決まり、一般的に新品の振袖は袖が長いほど高価です。

しかし、3種類の買取相場に違いがあるのか、いくつかの買取業者に確認したところ、買取額には「袖の長さ」よりも「身丈の大きさ」が影響することが分かりました。

振袖は洋服と違いサイズを後から変更する「仕立て直し」ができる衣装です。

単純に、大きいサイズの振袖を小柄な人用に仕立て直すことはできても逆は難しいので、大きいサイズの方が市場の需要は高くなります。

需要が高いとそのぶん買取額にプラスの影響を与えるため、身丈の大きい振袖ほど買取額が高くなるという理由なのです。

 

振袖の状態は買取額に大きく影響する

振袖は一般的に使用頻度が低く、保存状態が良いものほど、買取額が高くなります。

特に、成人式で一度だけ来ただけの振袖や、5年〜10年以内と比較的新しく状態の良い振袖は、高い確率で高価買取の対象と考えて良いでしょう。

そうは言っても「久々にタンスを開けてみたら、変わり果てた姿の振袖が出てきてショックを受けた…」という方もいるでしょう。

しかし、近年のインバウンドブームから、外国人向けの着物・振袖レンタルや、着物をリメイクした小物の販売など、古い振袖であっても需要はあります。

「売ろうと思っていた振袖がシミだらけでガッカリした!」という方は一度下記の記事を読んでみてください。

【驚愕】古い着物でも買取してもらえるって知ってた?3つの買取先からベストな売却方法もご紹介
【驚愕】古い着物でも買取してもらえるって知ってた?3つの買取先からベストな売却方法もご紹介

古くてボロボロの着物、いっそ捨ててしまおうかな・・・ そう考えてしまうのも無理はないでしょう。 着物が古いというだけで人前に着て出るのも恥ずかしいですし、事実古い着物はそのまま捨ててしまうという人がほ ...

続きを見る

>>【驚愕】古い着物でも買取してもらえるって知ってた?3つの買取先からベストな売却方法もご紹介

 

ブランド振袖や作家物の振袖は買取相場が高い

作家物や老舗ブランドであるかも買取相場に大きく影響し、基本的にはブランド価値が高い着物はそれだけで買取額が大きく上がります。

買取業者の中で唯一バイセルだけが作家物の買取相場を公開していますが、その値段は~140,000円と、中古買取の相場としてはかなり高額です。

あなたの振袖がこれらの有名作家が製作した振袖や、老舗ブランドの振袖であれば、高額買取が期待できますよ。

>>着物買取バイセルの口コミ評判まとめ!買取相場や出張・宅配・持込買取の方法を徹底解説

着物買取バイセルの口コミ評判まとめ!買取相場や出張・宅配・持込買取の方法を徹底解説
着物買取バイセルの口コミ評判まとめ!買取相場や出張・宅配・持込買取の方法を徹底解説

着物買取の業界最大手とも言えるバイセル。 本記事ではバイセルの良い口コミ評判・悪い口コミ評判をご紹介すると共に、バイセルが本当に信頼出来る着物買取サービスなのか?について解説しています。 また、バイセ ...

続きを見る

注意:ブランド振袖の落とし穴

最近のブランド振袖は企業側が宣伝の一貫で「ブランド振袖」と名乗っていることから、ここで言う「ブランド振袖」とは別のものです。

最近の「ブランド振袖」は買取相場が安定しているというメリットはありますが、ブランド価値によって買取額が大きく上がると言うことはないのでご注意ください。

以上が振袖の買取相場と、買取額に影響を与える要素です。

一般的な相場はありますが、種類・状態・ブランド価値の3つで大きく変わるので、振袖を売る時は種類や保存状態、そしてそもそもどこで買ったものか?を確認してから買取に出すのが良いですね。

では次は振袖が売るのに最適な時期について解説していきます。

 

 

振袖を売るのにベストな時期は何月ごろ?具体的な時期をご紹介

振袖を売るのに最適な時期は、毎年11月〜4月。

多くの人が振袖探しを始める第1次ピークである、12月から3月前後を狙いましょう。

この時期は、学生の冬休み・春休み期間にあたるため、帰省中に振袖選びをする人が多い傾向にあります。

特に成人式の様子がニュースで取り上げられる1月は、「ウチもそろそろ準備しようか?」という気持ちになりやすいのかもしれませんね。

近年ではネットの発達から、成人式の1年前から振袖選びが始まっています。

ほとんどの方が購入よりもレンタル振袖を利用するので、レンタル業者側もこの時期に着物の在庫が欲しいのです。

そのため12月~3月前後は振袖の買取相場が上がるので、時期が近いようであればこの時期を狙うのがいいですね。

 

 

振袖を高く売るならどうすればいい?高額買取のポイントをご紹介

「振袖を高く売りたい」と思ったら、売るシーズン以外にもいくつかチェックポイントがあります。

具体的な振袖の査定ポイントは下記の2つ。

  • 証紙・証明書も合わせて査定に出す
  • 流行のない色や柄である

あなたの手元にある振袖が上記2つのいずれかを満たしていれば、買取額は高くなります。

 

証紙があるかどうかで価値は変わる

証紙とは「着物の価値を表す証明書」です。

一般的に、有名な着物作家の着物や、伝統工芸品の着物は高く買い取られる傾向にあります。

証紙があることは、これらの厳しい品質検査をクリアし、高級品であることを証明できるため、査定結果に大きく影響します。手元に証紙がある場合は必ず一緒に査定に出しましょう。

 

流行のない色や柄である

振袖には流行があります。

しかし、成人式の定番カラーである「赤系」や「ピンク系」は、流行に関係なく長く着られるため、高値が付きやすい傾向にあります。

実際に中古振袖の販売サイトを調べてみましたが、やはり、流行に左右されない定番色や上品な柄は高額で販売されていました。

その一方で、レンタル店にはなかなか出回らない、新品ではなかなか購入できないなどの理由から、「あえて中古で質の良い振袖を探す」という人もいます。

一見古風な色合いや柄でも、伝統的で格式の高い「絞り」や「総絞り」などの振袖などは、中古市場でも需要が高いといえるでしょう。

以上2つが振袖を高く売るポイント。

証紙はあれば絶対に出すのが良いですし、色や柄に関しては査定時に最近の振袖と比べてどうかをアピールするのがいいですね。

では次は振袖の売却先について、どこに売るのが最適かを解説していきます。

 

 

振袖の処分先はどこが正解?売却先の比較

ここからは、着なくなった振袖の処分方法について考察していきます。

代表的な振袖の売り方は4つ。

  • 質屋で売る
  • オークションで売る
  • リサイクルショップで売る
  • 着物買取専門業者で売る

それぞれにメリット・デメリットはありますが、結論から述べると、振袖を高く・安心して売りたいなら、着物買取専門業者に依頼することをおすすめします。

振袖の査定には、流行の色柄や、素材、品質などチェックするべきポイントがたくさんあります。

この記事を読んで「どこに売っていいか分からない…」と迷っている場合は、複雑な査定が正確にできる着物のプロがいるかどうかを、まずは1つの判断基準にしてください。

それでは、具体的に見ていきましょう。

 

振袖を質屋で売る

質屋とは、鎌倉時代に始まった「品物を担保にお金を融資する店舗」のことをいいます。

現在も、振袖の買取をしてくれる質屋は存在しますが、適正な査定をしてくれる店舗は、まだまだ少ないのが現状です。

もしあなたが「質屋で振袖を売ろう」と思っているなら、まずは質屋の仕組みを理解し、判断されることをおすすめします。

最初に述べた通り、質屋とは品物を預ける代わりにお金を借りるシステムです。

振袖を一定期間預ける代わりに、その対価に見合ったお金を受け取り、期限までに利息を合わせたお金を返済しなければ、預けた振袖はそのまま販売されます。

きちんとお金を返せば、預けた着物は帰ってくるので「着物を手放したいわけではないけど、一時的に現金が欲しい」という方にとってはメリットがあるかもしれません。

しかし、質屋で預けられている品物の多くは、腕時計やジュエリーなどの貴金属やブランドバックや財布です。

着物の価値が分かるスタッフが常駐しているわけではないので、本来振袖の価値より低く査定されてしまう可能性があります。

純粋に振袖を売りたいのであれば、あまりおすすめできない方法ですね。

 

振袖をオークションで売る 

振袖に限らず、高級品を売るなら、ヤフオク・モバオクなどのオークションサイトへの出品を検討されるかもしれません。

最近では、メルカリをはじめとするフリマアプリも充実しています。

オークションやフリマアプリで振袖を売るメリットは、出品者が自分の好きな価格を付けられること。

登録から商品の撮影、購入者とのやりとりを全て自分で行います。

具体的な流れは・・・

  1. 出品するサイトに登録する
  2. 振袖の写真を撮影する
  3. 着物のサイズなど詳細を記載する
  4. 購入を検討している人からの質問に答える
  5. 購入されたら梱包して発送する

の順序です。

オークションやフリマアプリを使った振袖の販売は、一見自由でメリットが多いように思えます。

しかし、購入を検討している人からの質問に答えたり、写真撮影や売れるための紹介文を書いたりと、意外にもやることが多いのも事実です。

また、出品自体は無料であっても、値引き交渉や仲介手数料を引かれることを考えると、かなり戦略的に販売しない限り利益を出すことは難しいでしょう。

振袖の採寸や素材など、着物の基本的な知識がないと、後からクレームがくることもあるので注意が必要です。

 

振袖をリサイクルショップで売る

古着の処分先としてあげられるのが、リサイクルショップです。

全国展開している大手リサイクルショップは、国道沿いに店舗を構えていることが多く、一見利用しやすいイメージがあります。

サイクルショップは、着物よりも安価な洋服の買取がメインです。

着物の査定ができるスタッフがいることは稀で、本来の振袖の価値よりも安価で買い取られてしまうことが多いので注意してください。

中には数万円の価値のある振袖が、数百円にしかならなかったとうい事例も…。

質屋やオークションと比べても、買取相場は低いといえるでしょう。

 

振袖を着物買取の専門業者で売る 

振袖を適正な価格で安心して売りたいなら、着物買取の専門業者に査定を依頼するという選択肢があります。

上記の3つとの違いは、振袖の価値をしっかりと判断してくれる専門家がいること。

着物の相場に基づいた価格、ブランド品や証紙など細かい部分まできちんと見てもらえるので、質屋やリサイクルショップよりも高額で買いとってもらえます。

適正な価格で安心して振袖を売りたいという方に、おすすめしたい方法です。

着物買取の専門業者の買取方法は下記の3つです。

空いた時間に手軽に買取に出したいなら、宅配買取。

自宅から出る必要がなく、納得いくまで価格を交渉するなら、査定員が自宅まで訪問してくれる「出張買取」が便利です。

もちろん、着物買取業者の中にはひとり暮らしの女性や高齢者を狙った悪徳業者も存在しますので、口コミや体験談を読むなどして、安心して着物を売れる業者を見つけることが大切です。

出張買取を行っている業者はいくつかありますが、迷ったら法令厳守を徹底している「バイセル 」「買取プレミアム」「福ちゃん」のいずれかを選べば間違いありません。

着物買取にまつわるトラブルについては、下記の記事でも紹介していますのでご覧ください。

【危険】着物買取にはトラブルばかり!?私が出会った悪質業者と安心して着物を売る業者をご紹介
【危険】着物買取にはトラブルばかり!?私が出会った悪質業者と安心して着物を売れる業者をご紹介

着物を売りたいけど悪質な業者と会うかもしれない・・・ 買取業者は個人から大手法人まで様々ですが、売買する上でトラブルはつきものです。 本記事では着物買取におけるトラブル事例を紹介するとともに、安心して ...

続きを見る

>>【危険!?】着物買取にはトラブルがたくさん?注意点や安心して着物を売れる業者

 

 

振袖を売るなら着物買取業者が正解

振袖の売却先として4つを紹介しましたが、着物買取業者がもっとも高く安全に買取をしてくれます。

ここでは振袖を売るのに最適な着物買取サービスをランキングでご紹介しますね。

 

1位:バイセル

バイセルのココがイイ!
  • 卓越した査定力を持つ査定員が見るので、買取価格に期待できる。
  • 運営元の株式会社バイセルテクノロジーズは上場企業
  • 女性査定員を指名できるので、女性でも安心して着物を売れる。
  • 他店より1円でも安ければ全品返却を掲げるほど、買取価格に対して自信がある。

買取価格・対応共に評判が良く、振袖の買取を頼むならバイセルがいちばんでしょう。

運営元の株式会社バイセルテクノロジーズは2019年12月に上場しており、企業として社会的信頼があります。

上場していると、買い叩きのような悪質なことはできませんし、安心して振袖を売却できますよ。

また、女性査定員を指名することもできるので、女性の方でも安心して着物を売れるのがポイント。

高価格・安心という2つの大きなツボを押さえているのがバイセルなのです。

 

2位:買取プレミアム

買取プレミアムのココがイイ!
  • 運営元の株式会社バイセルテクノロジーズは上場企業
  • 事前に無料の電話相談で不安な点を相談できる。
  • 証紙や証明がなくても買取りOK。
  • 歴戦の査定員がいるので、適正な価格で振袖を買取りしてくれる。

買取プレミアムはバイセルと運営元が同じ会社です。

そのためこちらの運営元も上場企業である株式会社バイセルテクノロジーズですね。

なので内容自体はそれほど変わりなく、高額買取が期待できますし、出張買取は即日現金で支払われます。

さらに証紙や証明書がなかったり、古い振袖でも問題なく買取してくれるので、難アリの振袖を売る時は買取プレミアムもしくはバイセルがベストですよ。

 

3位:福ちゃん

福ちゃんのココがイイ!
  • 買取価格が最大20%アップのキャンペーン中
  • 他社で値段がつかなかった着物の買取実績が豊富
  • 査定や対応が丁寧と評判

福ちゃんは現在、買取額が最大20%アップのキャンペーン期間中。

また他社で査定して値段がつかなかった振袖の買取にも積極的で、対応が良いと評判の買取店です。

また、宅配買取をする場合は、福ちゃん側で宅配キットを用意してくれるので、あとはそれに振袖を入れて送ればOK。

もちろん宅配キットや査定や送料は全く無料なので、好きな時に手軽に査定依頼できるのがいいですね。

 

 

【まとめ】振袖は着物買取の専門業者で売るのがベスト

着物の中でも最も格式高いとされる振袖は、買取・販売ともに多実績が多く、中古着物市場の中でも需要があります。

実際に筆者の周りでも「成人式の振袖は中古の販売サイトで一式揃えた!」という友人が少なくありませんでした。

振袖は、振袖の丈の長さ・保存状態・色や柄など細かいポイントの違いで査定額が驚くほど変わるので、「振袖を売るぞ」と決めたら、着物のプロがいる着物買取業者を選ぶのがベストな選択です。

査定料・出張料・送料・キャンセル料は全て無料なので、もし手元に着なくなった振袖があるなら、まずは無料査定に出して、実際の買取価格を調べてみるとよいですね!

-着物の売り方

Copyright© 着物の買取比較.jp , 2020 All Rights Reserved.