着物買取のおすすめ業者比較サイト

着物の買取比較.jp

着物の買取詐欺のよくあるパターンや回避方法・詐欺業者の特徴アイキャッチ

着物の売り方

着物の買取詐欺のよくある手口や回避方法・詐欺業者の特徴をご紹介

更新日:

着物を売るにしても変な業者にあたるかもしれない・・・

ネット上の情報を見ると不用品の買取にも関わらず、しつこくブランド品や貴金属を出すよう求めてきたりと、訪問買取の詐欺に関する情報が多くあります。

今回はそんな着物の訪問買取の詐欺の事例や、詐欺業者を回避して着物を売る方法について解説していきます。

具体的には・・・

  • 家族が着物の買取を依頼したけど、悪質な業者かもしれない・・・
  • 着物を売る前に詐欺業者を避ける方法を知りたい
  • 着物を売りたいけど変な業者にあたりたくない

上記のような不安や悩みを抱えている方が本記事を読めば、詐欺業者の実態や、詐欺業者を避けて優良な業者に着物を売れますよ。

 

着物の買取詐欺の被害件数と詐欺を働く業者の特徴

着物の買取詐欺の被害件数と詐欺を働く業者の特徴

まず、そもそもですが着物の買取詐欺、ひいては訪問買取の詐欺被害は年間でかなりの数にのぼります。

年度 相談件数
2015 8,601
2016 8,656
2017 8,428
2018 4,770
(前年同期 6,212)

上記は国民生活センターに寄せられた訪問買取の詐欺被害の件数です。

2017年から2018年にかけて件数は少なくなっているものの、年間で約4,800件ほど。

1日に13.3件の被害が出ている計算になります。

そして被害相談の当事者となるユーザー側の、半分以上が60歳以上の高齢者、その中でも女性の割合がほとんどです。

このように、訪問買取詐欺は私たちの身近にあり、明日あなたやあなたの家族が被害にあってもおかしくない状況であるといえます。

ではこの訪問買取、ここでは着物の買取ですが、具体的な詐欺の内容というのはどういったものなのでしょうか?

次は着物の買取詐欺の2つのパターンについて解説しますね。

 

着物の買取詐欺の2つの手口

着物の買取詐欺には2つの手口があり、それが以下の2つです。

  1. 押し買い
  2. 買い叩き

前述の国民生活センターに寄せられる相談も、ほとんどがこの2つのどちらかに当てはまり、詐欺といえばこの2パターンに分かれます。

押し買いとは、訪問した後に無理やりゴリ押しで、着物や他の物品を買取ることをいいます。

買い叩きは、本来の価値よりもずっと低い金額で買い取る手口ですね。

どちらにせよ悪質ではあるのですが、 特徴があるのでそれぞれご紹介しますね。

 

着物の押し買いをする詐欺業者の特徴

押し買い業者の特徴

着物の押し買いをしようとする業者には、いくつかの特徴があります。

  • 突然の電話や飛び込み営業で訪問してくる
  • 訪問時に訪問目的を告知しない
  • 着物の査定を依頼したのに他の査定をしようとする
  • 貴金属がないか執拗に聞いてくる
  • 着物の買取のはずが貴金属を出さないと帰らない
  • 知名度がなくネット上に情報がない地場の業者
  • 着物の査定時に古物商許可証の提示がない
  • クーリングオフに関しての説明や相談窓口の案内をしない

主に上記のような特徴ですね。

まず突然電話や飛び込み営業してくるのは間違いなく怪しいので、ほとんどの方が断るでしょう。

ただし問題はこちらから着物の買取を依頼した場合。

着物の買取には古物商許可証が必要なのと、クーリングオフについての説明は法律上必須なので、査定前に必ず確認するようにしましょう。

また、そもそもですが、ネット上に情報のない地場の業者には絶対に買取依頼をしてはいけません。

今では集客や情報発信のためにホームページは必須ともいえる時代。

なのにホームページの一つもないのは怪しいので、絶対にやめておきましょう。

 

着物の買い叩きをする詐欺業者の特徴

買い叩き業者の特徴

着物の買い叩きをする詐欺業者にもいくつか特徴があります。

  • 着物の専門知識に疎い
  • マイナス要素ばかり説明する

上記がその特徴で、まず買い叩きをする業者はほとんどの場合、着物に関する知識を持っていません。

着物を買取に出す方は、ほとんどの方が着物に精通しているわけではなく、たまたま不要な着物があったから売りたいというケースがほとんどです。

そのため、優良な業者は買取価格に納得してもらうために、買取に出した着物がそもそもどんな着物かを説明し、その上で買取額を提示します。

ユーザーに真に納得して売却してもらうためには、そもそもの着物の知識は必要不可欠ということですね。

逆に買い叩こうとする業者は、汚れやほつれなどのマイナス要素の説明ばかりが上手いので、着物の知識を持ち合わせていないのです。

以上が着物の買取詐欺のよくあるパターンと、詐欺業者の特徴です。

押し買いや買い叩きをするような業者は特徴があり、「アレッ?」と思う部分が必ずあります。

現に大手の買取業者は、どこも昨今の詐欺業者の事情を知っているため、着物の出張買取に関してはかなり慎重かつ丁寧です。

なるべく大手の着物買取の業者に頼むのが、こういった詐欺を防ぐいちばんの方法なのですが、次は具体的な買取詐欺に合わないための方法をご紹介しますね。

 

 

着物の買取詐欺の回避策!具体的な5つの方法

着物の買取詐欺の回避策!具体的な5つの方法

ここでは着物の買取詐欺に合わないための回避策をご紹介しますね。

基本的に怪しい訪問者は「入れない・聞かない・応じない」をしていれば問題はありません。

そして具体的な内容は以下になります。

  • 見知らぬ業者の訪問は断る
  • 会社名や電話番号・住所などの情報を確認する
  • 古物商の認可を受けているか確認する
  • 売主が高齢者の場合は家族がつきそう
  • 地場の買取業者ではなく大手の買取業者に売る

まず見知らぬ業者の訪問を断るのは絶対ですね。

ただ、高齢者の方はそのまま話を聞いてしまったりするので、普段から家族の間で、訪問者の相手をするかどうかのルールを決めておくのがいいでしょう。

また、着物の買取を依頼した場合でも、査定前に必ず会社情報や古物商の認可を受けているかを確認し、売主が高齢者の場合は家族が付き添うのがいいですね。

このとき前述の国民生活センターのデータから、被害のほとんどが女性高齢者のため、なるべく付き添いは男性にお願いしましょう。

そしていちばんの回避策は、着物の買取を地場の買取業者ではなく、知名度のある大手の買取業者に依頼するということです。

以上が詐欺業者の回避策です。

「入れない・聞かない・応じない」というポイントを押さえれば、ほとんどの悪質業者を回避することはできるでしょう。

ただし中には頭の良い悪質業者もいるので、そういった業者を避けるためにも、知名度のある大手の買取業者に依頼するのがいいですね。

公式 バイセル

詐欺がない着物買取の最大手

 

 

着物の買取詐欺を避けるには大手の買取業者に売るのが正解

着物は大手業者に売るのが正解

着物の買取詐欺を防ぐいちばんの方法は大手の買取業者に売ることです。

大手の買取業者はどこも全国展開しており、毎日ネットからの買取依頼に応じて、日本のどこかで着物の買取をしています。

そのためちょっとした悪評や、詐欺などの口コミが広まれば事業に大きく影響するため、絶対に押し買いや買い叩きはありません。

ここでは当サイトがおすすめする、全国展開している大手の着物買取業者をご紹介しますね。

 

1位 バイセル

買取価格 ★★★★★
出張エリア 全国対応
料金 査定料・出張料・送料・キャンセル料無料
スタッフ対応 ★★★★★
バイセルのポイント
  • 卓越した査定力を持つ査定員が見るので、買取価格に期待できる。
  • 古くてシミがついていたりしても、どんな状態でも査定してくれる。
  • 女性査定員を指名できるので、女性でも安心して着物を売れる。
  • 他店より1円でも安ければ全品返却を掲げるほど、買取価格に対して自信がある。

 

2位 買取プレミアム

買取価格 ★★★★★
出張エリア 全国対応
料金 査定料・出張料・送料・キャンセル料無料
スタッフ対応 ★★★★☆
買取プレミアムのポイント
  • 事前に無料の電話相談で不安な点を相談できる。
  • 証紙や証明がなくても買取りOK。
  • 歴戦の査定員がいるので、適正な価格で着物を買取りしてくれる。

 

3位 福ちゃん

買取価格 ★★★★☆
出張エリア 全国対応
料金 査定料・出張料・送料・キャンセル料無料
スタッフ対応 ★★★★☆
福ちゃんのポイント
  • 買取価格が最大20%アップのキャンペーン中
  • 他社で値段がつかなかった着物の買取実績が豊富
  • 査定や対応が丁寧と評判

 

一番のおすすめはバイセル

当サイトいちばんのおすすめはバイセル

着物買取の中で最大手であり、全国展開+出張買取もしています。

買取価格は業界最高値が期待できますし、他社より1円でも買取価格が低ければ全て返品を謳っているのが大きいですね。

また女性査定員を指名できるなどの対応自体も評判がよく、査定員も凄腕ばかりなので、安心して高く着物を売るならバイセルに依頼するのがベストですね。

 

 

着物の買取詐欺のよくあるパターンや回避方法・詐欺業者の特徴まとめ

着物の買取詐欺とひとことで言っても、押し買いや買い叩きで方向性が違いますし、それぞれの悪質業者の特徴も違います。

そのため、着物を買取に出すときは、いくつか回避方法をご説明したとおり、本当に信頼できる業者かどうかを確認した方がいいでしょう。

ただ、正直確認をしても頭の良い狡猾な悪質業者を、絶対に避けることは難しいです。

実際に着物の知識や相場にも精通しており、見た目では優良業者の査定員と勘違いしてしまうぐらいの悪質業者もいるでしょう。

なので地場の買取業者や無名の買取業者ではなく、着物を安心して売るためにも知名度の高い大手の買取業者がベストですね。

大手の買取業者であれば、押し買いや買い叩きという詐欺手口は絶対にないので、これから着物を売る方は先ほどご紹介したバイセルなどの大手業者に売るのが正解ですよ。

-着物の売り方

Copyright© 着物の買取比較.jp , 2019 All Rights Reserved.